ホームホワイトニングの通販 天然成分の安全処方で妊婦さんもOK

ホームホワイトニングの通販。天然成分の安全な商品のご紹介。 妊婦さんやお子さんにもオススメ。

歯が黄ばむ原因と日常生活で予防する方法

2018年03月06日 22時53分

歯が黄ばむ原因は?

 

歯は中心部から神経、象牙質、エナメル質の3層で構成されています。

象牙質はやや黄みがかっていて、エナメル質は白く透明です。

日本人の平均的な歯はもともと黄みがかっています。

歯を黄ばませている原因は大きく分けて3つあります。

食事・喫煙によるもの

歯の表面のエナメル質に着色成分が付着することによっておこります。

コーヒー、紅茶、カレー、赤ワインなど色の濃い食品やタバコのヤニなどが着色成分を多く含んでいます。

加齢によるもの

加齢によってエナメル質が薄くなると象牙質の黄みが見えやすくなるため、黄ばんで見えます。

また、エナメル質の透明度が加齢によって失われるのでくすんでみえます。
 

治療跡によるもの

神経を抜いた歯が変色することによりおこります。
 

日常生活で黄ばみを予防する方法は?


日常生活でも少し気をつければ着色するのをなるべく抑えることができます。

水を飲みながら食事する。


水を飲みながら食事をすることにより、着色成分が口内に留まることを防ぎます。

食後ははみがきをする。


歯の表面が歯磨き不足によりべとべとしていると歯に着色成分が付きやすくなります。

歯磨きをすることで着色成分を落とすのはもちろん着色成分を付きにくくすることができます。

歯磨きが出来ない場合は口をゆすぐと良いですよ。
 

まとめ


歯が黄ばむ原因と日常生活での予防をお伝えしました。

ただ、すでに着色してしまったものはこちらのページで紹介している「キラッとホワイト」で落としちゃいましょう♪

また、予防しても少しづつ着色してしまうのは防げないのでしっかりとお手入れしたいですね。

天然成分の安全処方、ホームホワイトニングはこちら